ニュージーランド旅行 3日目

こんにちは たか です。今回はニュージーランド旅行 3日目です。

前回はこちら ニュージーランド旅行 1・2日目

今回Fairlie から Queenstown まで300km以上のドライブです。

Fairlieでの朝

7時前に起床し、宿にある無料の朝食を頂きました。朝食はシリアルとトースト・ジャム・牛乳・オレンジジュースが置いてあるだけの、外国だとよくあるパターンでした。

7時半ごろに外に出るとちょうど朝日がとぼっているときでした。いい朝です。

車に乗ってみると、フロントガラスが見事に凍りついておりました。GWは日本では春ですが、南半球のニュージーランドは秋で、山などでは雪も降り始める時期です。

早速、クイーンズタウンに向けて南下開始。昨夜の真っ暗闇の中の運転とは一転し、今朝は雲一つのない快晴で運転していて本当に気持ち良かったです。

Lake Pukaki | プカキ湖

90km走らせたところに プカキ湖 という休憩に良さそうな場所があったので休憩。手前にテカポ湖というところもあったのですが、後日星空観察のために戻ってくる予定があったのでスキップ。

見てくださいこの景色。ヤバい好き

ちょうど山岳部に雪がつもり始めており、遠く山並みが雪化粧してい大変きれいでした。ガイドブックに特に大きくは取り上げられていないところなんですが、おすすめポイントです。特に近くに大きな街などはないですが、道路のすぐ脇にあるところなので休憩に丁度いい場所です。

Queenstown | クイーンズタウン

更に200kmほど走らせ、クイーンズタウンに到着しました。道中どこも景色がよく運転が本当に楽しかったです。

街を観光する前に、Booking.comで本日の宿を予約しておきます。今回の旅では毎日その日の宿をお昼前に予約していきます。ニュージーランドはバックパッカー宿が沢山あるので、なんとかなります。

クイーンズタウンはニュージーランド最大のアウトドア観光の街です。アクティビティの街と言われ、周囲にある大自然の中で様々な体験をすることができます。また、街はコンパクトながらも沢山レストランやショッピング街などがあり、天気の悪い日でも楽しむことができます。

GWのクイーンズタウンは丁度紅葉のピークを迎えており、青い空とのコントラストがキレイでした。

Lake Wakatipu | ワカティプ湖

ワカティプ湖はクイーンズタウンに隣接した湖です。下の地図の線で囲った部分がクイーンズタウンの中心街です。本当に隣接しているんです。

街から徒歩一分でこんな景色があるなんて、なんて恵まれた場所何でしょう。

夏になるとビーチ(この街ではここがビーチ)にバスタオルを広げて日向ぼっこしているビキニガールが沢山います。また真夏には、多くはないですが泳いでいる人も見かけます。といってもこの湖は長く、氷河まで繋がっているので真夏でもまぁまぁ冷たいです。

大晦日にはみんなここに集まりハッピーニューイヤー花火を見ます。

青空と遠くの雪化粧した山並み、紅葉、湖 なんていい時期に来たんでしょう。GWのニュージーランドは本当にベストシーズンです。

Ferg Burger | ファーグバーガー

お昼後、ファーグバーガーに行きました。クイーンズタウンに来たらここは外せません。

Ferg Burger | Queentown

ガイドブックには30分ほど並ぶこともあるとありましたが、自分が行ったときは5分も並ばなかったです。その後わかったのですがたまたまでした、並ぶときはすごい行列です。

8AMから5AMというすごい長い営業時間なので、夜遅く行ってみるのもいいかもです。並ばずに買えるかも。日本だと締めはラーメンですが、ここでは締めはハンバーガーです笑。夜中2時でも並んだことはあるのでいつが空いてるかはその時次第です笑。

あのエド・シーランも何回か来店してみるみたいで店内に写真があります。
Ferg Burger | ファーグバーガー

見た目はこんな感じ、あまり高さがなく大きくは見えないかもしれませんが、パンズが大きいので実際は結構なボリュームです。

お店で買って、ワカティプ湖の辺りで食べました。

Ferg Burger | ファーグバーガー

お肉やパンズも美味しいことながら、タレが最高です少し甘い味が食欲をそそります。

隣接しているベーカリーも本当におすすめです。ファーグバーガーのパンズはここで焼いています。パンも美味しいですし、アップルパイも美味しかったです。オーブンで温めてアイスクリームを載せてくれます。 コーヒーも、クイーンズタウンの中でトップレベルに美味しいので食後にどうぞ

Sky Gondola & Kiwi Park | スカイゴンドラ & Kiwi Park

その後はKiwi Park というキウィやニュージーランド固有種の動物園みたいなとこに行きました。キウィは生息域も狭くかつ夜行性のため自然界で私達観光客が見るのはほぼ不可能です。Kiwiパークでは暗闇のなかの最低限の環境光の元、キウィを観察することができます。以外に大きく、めちゃくちゃ俊敏に動いてました笑。キウィだけではなくニュージーランド固有種のトゥアタラという第三の眼を持つトカゲなども観察することができます。

Kiwi Park | Sky Gondola

その後は隣接しているスカイゴンドラでクイーンズタウンを展望することに。

ロープウェイを使わずとも40分かからないぐらいで歩くことができます。登山道を整備されていて迷うことはないですが、数箇所ロードバイク用コースと交差するところがあるのでそこだけ気をつけましょう。

ロープウェイ道中はこんな感じ すでにキレイ

展望台からは広大なワカティプ湖が見えます。この写真の奥の方にGlenorchyグレノーキーという小さな町があり、そこもオシャレなカフェや景色の良いところが沢山あります。ロード・オブ・ザ・リングのロケ地だそうです。そこを更に進むとRouteburn Track ルートバーン・トラックというおすすめのトレキングコースがあります。

さらにこちら側からはクーンズタウンが一望できます。奥に見える山はDouble Cone 夏は登山、冬はTheRemarkables ski Field でスキー・スノボができます。

夜も営業しており、展望レストランから夜景を見ながらディナーができます。

Ben Lomond

スカイゴンドラの更に上にはBen Lomond ベン・ロモンドという山がありここも人気のトレッキングコースです。

沢山の山に囲まれておりトレッキング好きには最高です。

Flame Bar & Grill | フレイム バー&グリル

夜は、ポークリブで有名なFlame Bar & Grill | フレイム バー&グリルに行きました。ここも並ぶ可能性のある人気店です。

これがここの名物 ポークリブです。これでハーフサイズです。フライドポテトもついてくるので、ハーフサイズでお腹いっぱいです。リブなので実際には骨が半分ぐらい締めていますがそれでも十分なサイズ感です。

この写真は今回の旅行とは別日に取りました。

ランチタイムだと少し安くなり、この手前のウッドプレートに乗った分で1200円ほどです。

日本ではなかなか味わえないサイズのポークリブでビールを数杯飲み満腹状態でワカティプ湖の辺りを少し散歩しこの日はバックパッカーに戻りました。

まとめ

昨日の移動日が終わりやっと観光することができた日です。運転中の道中や、休憩ポイント、クイーンズタウンとすべての場所が日本の雰囲気とは全く異なり、景色の綺麗さや自然の雄大さに感動しっぱなしの一日でした。美味しいものも沢山食べることができ大変満足な一日。

プチ情報

レンターカーでクイーンズタウンに来て駐車したい方向け

町中だと30分ほどしか無料駐車できるところがありませんが、街の中心部からわりかし近いところにPark St.というところがあり距離にして片側だけで350mほど駐車できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました